ニューワールドレーシング・シルク・ノルマンディー・ワラウカド・ウイン・DMMバヌーシーで一口馬主をやっています。出資中の競走馬の話を中心とした競馬の話題を綴っていきます。クラブ所属馬の情報・写真は各クラブより転載許可をいただいた上で使用しております。

マーガレットリバーの激走とワラウカドとの付き合い方

この土日はワラウカドのマーガレットリバーのみ出走。人気薄ながらも積極的な位置取りで3着と大健闘のレースを魅せてくれました。去年3月に実馬を見学した印象と関係者のコメントからは期待が大きいものでしたが、これまで結果が出ずに苦しい流れ・・・。ようやく希望の光が見えた1戦でした。

 

土曜日は中山競馬場でノルマンディーの快進撃を見守り、オジュウチョウサンのグランドジャンプ4連覇も観ることができました。ようやく仕事が落ち着きつつあり、競馬場に行ける日が増えてきました!

ojyuu


 それにしてもワラウカド16年産牡馬全4頭は面白いというか・・・なんというか。自分はこの4頭に同時出資して入会していますが、正直に話すとルヴォルグ以外はよく考えずに適当に出資してしまいました。

 

こんな出資の仕方は2度としないという後悔もありますが、4頭同時にいったことで気づいたこともあります。

 

と、言うわけでワラウカド16年産牡馬4頭ヒストリー(もちろんまだ終わってませんが笑)

 

●育成時代に大きな頓挫なし

コレは大きいですね。分母の違いは大いにありますがノーザンやノルマンでは頓挫する馬が必ずいます。元から生産頭数が少ないパカパカの中でも脚元や体質に不安が少ない馬が募集されたと思っています。一口クラブにとって大事なことは馬を勝ち上がらせること。同じくらい大事なことに出資者に走っている姿を見せること・・・。牝馬は全くチェックしていないので把握していませんが、牡馬については大きな頓挫やケガがなく3歳の春まで来ています。

 

●全頭2歳デビュー

自分が1番大切にしているのは2歳でデビューできるかどうかです。その中で全頭それが叶っただけでもワラウカドを評価したいと思います。

 

●デビュー勝ち1

期待のルヴォルグはデビュー戦圧勝。続く東スポ杯では1番人気で口取りの権利を持ちながら見守ったのは良い思い出です。次はダービートライアルに出走し、ラスト1チャンに賭ける位置にいることは嬉しい限りです。

 

●掲示板経験3/4

スカイファルコン以外はルヴォルグの勝ち上がり含め掲示板を経験しています。イッツマイウェイのデビュー戦4着、そして今日のマーガレットリバー。日高の馬でコレは立派だと思いますけどねぇ。

 

●ただ、ツーアウト、スリーアウトもある・・・。

デビュー戦ルヴォルグの4着に健闘したイッツマイウェイはその後、走る気をなくしてしまったのか早々にスリーアウトを経験。出資馬初の騸馬となりました。函館で復帰し、一縷の望みに賭ける見込みです。マーガレットリバーも2アウトまでいきましたが、本日の激走でノーカウント。スカイファルコンは掲示板もない上、1アウトが掛かった状態で厳しい流れです。きらりと輝く素質の一片を魅せながら、メンタルなのかプツンといってしまうケースも見受けられ、判断が難しいところです。ただ、3/4掲示板を経験していることは日高のクラブにおいて良い成績の部類に入ると思っています。

 

とまぁ入会1年目のワラウカドには上がったり下がったりを楽しませてもらっていますが、2年目にあたる17年産では出資していない状況です。昨年勢いでポチってしまった反動から吟味に吟味を重ねた結果、ポチらないという結論に至ったからです。

 

2000万円以下の馬のコスパやHPの見やすさ、クラブサービスを考えるとノルマンの方が良いかな・・・と思っているので、ノルマンには来ないディープ産駒や良血○外などをターゲットにするのがワラウカドとの付き合い方になるかな・・・と思っています。

馬選びの備忘録(戯れ言)

14年産から一口デビューをした私が最初の世代で基準に選んだのは自分の直感だった。血統も馬体も知識がないので己の直感を信じ、8頭の精鋭を選んだが結果は散々だった。勝ち上がり2頭、未勝利6頭。うち育成中の長期頓挫3頭。様子見をしていた馬の結果も散々で、このままではいけないと勉強していくことを決めた。ただ唯一の財産は若い種牡馬に着目していたこと。ハービンジャー、ワークフォース、ルーラーシップ。いずれも痛い目に遭ったが、次の世代でいきなり開花することになる。

 

15年産。柔らかさを重視した。今なら別の言葉を使うけど、当時はどこの、何の柔らかさなのか、答えもないまま動画を重視して馬選びをした。今は取り入れていない母年齢の若さも基準の1つにして、選んだ珠玉の6頭。4頭の勝ち上がりは堅いと思っていたが、まさかの2頭に終わり、一口馬主を辞めることが頭をよぎった。しかし生き残ったうちの1頭が重賞、そしてGIを制覇し踏みとどまることができた。マグレとは言え、結果は必要だなと感じることになった。ちなみにこの世代も若い種牡馬に着目。ハービンジャー、ルーラーシップ、へニーヒューズ、スマートファルコン。

 

16年産。シルエットから適性が芝かダートか、短距離か長距離か。しっかり答えが出せた馬だけ選んだ。答えの出し方に採用したのが治郎丸さんのラウンダーズの中で二ノ宮先生が仰っていた肩甲骨と腰角の角度。脚元のリスクは曲がっているとか細いとかそういった事を気にしていたれど、この世代から後肢と馬体重から前脚のリスクを探る方法に変えた。選んだのは12頭。ここまで5頭の勝ち上がり。2勝馬こそいないけれど、勝ち上がった馬はそれが期待できると思っている。この世代から母年齢の若さを捨てた。若い種牡馬枠はへニーヒューズ、スマートファルコン、ダノンシャンティ、ジャスタウェイ、ロードカナロア。

 

17年産。はじめて前の世代の選び方を踏襲した。育成中の手応えが悪くなかったからだ。後肢は関節の大きさと飛節の伸縮をより注視した。自分の理想に近い馬体を持つ馬とも出会えた。シャリーアルマリカとレアリザトゥールの2頭。後者は40口クラブで予算オーバーの馬だったが、それでも行こうと思える馬だった。その分若い種牡馬枠の予算が減り、ゴールドシップとリアルインパクトの2頭のみ。また、実績がある種牡馬における馬体の成功パターンを自分なりに勉強し、自身の基準をクリアしたものを選んだ。ウインダークローズ(ロージズインメイ)、レアリザトゥール・ゴールドパラディン(いずれもスクリーンヒーロー)、ジュネスドール(アグネスデジタル)、シンハリング(ダイワメジャー)あたりは勝ち上がり以上を期待したい馬たちだ。

 

18年産もここ2世代の選び方を踏襲するつもりだけど、頭数はウンと減らす予定。超少数精鋭になると思う。40口は予算の都合でスルー。ツアーに行くウインは1頭いくけど、他はそう簡単にはポチらない・・・とホットミルクの膜のような意思の強さを持つぽんこつ一口馬主の決意を記して、本日の戯れ言終了。

近況あれこれ

相変わらず仕事がバッタバタで一口馬主ライフもこのブログもどこか放置気味でしたが、この2週は土日とも競馬場で過ごせました。

 

まずは先週、大阪杯のブラストワンピース。

 

結果はご存じの通りで、ペースも位置取りもうまくいかず・・・。1番人気ではありましたが、条件付きの展開でしか勝負できない現状からはもう1段階の成長と鞍上の工夫が必要なのかな・・・と思いました。

 

そしてこの土日は5頭が出走し、ブランメジェールの2着が最高であとは掲示板外(>_<)

 

「姫、お疲れ!」と声をかけたら、カメラ目線を(笑)

ブラメジェ0406


 あと、オーナーズの馬ですがニューワールドの馬も初めて観ることができました!エピローグの走り方、かっちょいいわぁ~~。

エピ0407

 

久しぶりに競馬を満喫した時間を過ごして、ちょっと救われたかな。

 

さ、こっからは近況をさらっと!

 

●リリアンタイム17の馬名決定

 

レアリザトゥールに決まりました!自分のはダメでしたが格好いい名前!

●天栄・小野町・阿見トレセンに行く予定です

 世間の10連休とずらして休みを取ったので、4月中旬から外厩見学の予定!天栄ではブラスト、小野町ではゴールドパラディン、阿見ではレアリザトゥールに会ってきます。

 

●こっそりバヌーシーに

 

ずっとマークしていた馬がいたんですが、一口馬主デビューしたい友人から「良い馬いない?」と相談を受け、おすすめしたら、「お前も買え」と言われて、こっそりと(笑)

 

URAKAWAファンドも買ってます

 

買ったの?と聞かれることが多かったので、お答えしておきますね。2月下旬にムーア調教師セレクトを買ってます。馬もいいと思いますが、これはもう応援の気持ちです。

 

●ウインツアー行きます

 

毎年1回は入会しているクラブの募集馬見学ツアーに行こうと思っていますが、今年はマイネルウインのビッグレッド系のツアーに行きます!

 

とまぁ、こんなところでしょうか。18年産は予算の関係で40口はスルー。頭数絞ろうかなぁと思っていますが、ホットミルクの膜のような意思の強さなんでどーなりますかね(笑)

3月の出資馬たち

3月の出資馬の結果を振り返りましょう!

 

3/2 ヴィヴァンフィーユ 新馬戦 4

 

行き脚がつかなかったものの、道中は流れに乗り、直線追い込んで4着。未勝利は勝ち上がってくれそうな雰囲気で期待大ですね!

 

3/9 イッツマイウェイ 未勝利戦 11

 

いやー出資馬最初の3アウト!去勢して函館での復帰を目指すようですが、どの舞台で輝けるのか・・・。そんな簡単に引っかからないだろうと思っていた3アウト・・。まさか3月頭で食らうとは(笑)

 

3/9 エルズリー 未勝利戦 4

 

スタートも良くスピードの違いでテンに。押し切れる雰囲気もありましたが、直線長い中京ではちょっと息切れし4着。スピードは非凡なものを感じたので楽しみにしたい1頭です。

 

3/16 カグラヒメ 未勝利戦 1

 

やってくれました!調教タイムの通り、2番手から抜け出し快勝!ほぼノーステッキとのことでかなり上のクラスまで出世してくれそうです。

 

3/17 キャラメルフレンチ 豊橋特別 15

 

スタートは決めたものの、他馬のトップスピードにはついて行けない印象で、終始後方でレースを進めます。直線も弾けず良い頃の雰囲気が少なくなっちゃったな・・・と。このあとは新潟千直に賭けるみたいです。

 

3/23 ヴィヴァンフィーユ 未勝利戦 2

 

前走失敗したスタートも決め、追走も楽な印象に見受けられましたが、勝った馬が強く2着。ただ勝ち上がりはすぐそこでしょうね。次はもうちょっと距離を伸ばして1800mの牝馬限定戦を目指して欲しいなぁ。

 

3/23 エルズリー 未勝利戦 1

 

他にスタートが早い馬がいて、道中は45番手。これ、前に馬をおけたのが功を奏し、直線弾ける力が残っていましたね。藤田菜七子騎手の好騎乗でした。減量特典もあるのでこれからも出資馬に乗って欲しいな。

 

3/23 グランデストラーダ ミモザ賞 3

 

まだまだ緩さが残る本馬。ギアがなかなか入らず、じわじわと伸びてくるタイプ。今回先着した相手はそこそこ強かったので、オークストライアルなんて面白いと思っています。

 

3/24 ルヴォルグ 大寒桜賞 2

 

展開がスローすぎましたね・・・。サトノソロモンを意識しすぎた位置取りでしたが、テンションが高かったルヴォルグを前に促してたら掛かっていたかもしれないので今回はルメール騎手の好判断だったと思いたいです。気になる次走ですが、プリンシパルSか青葉賞かな・・・。クラブとしてもダービー出走を意識できる逸材でしょうからチャンスがあるのならゲートインさせたいのは明白です。個人的には2400mよりも短い距離で輝ける馬だと思っているので、ダービーへの権利だけを考えれば青葉賞よりはプリンシパルSです。いずれにしても次走は応援に行きたいなぁ。

 

とまぁ3月はここまで2勝。

 

次週はブラストワンピースが大阪杯に出る予定です。ステルヴィオ、ワグネリアン、エポカドーロ、ペルシアンナイト、キセキ、アルアイン、マカヒキ、ダンビュライト、サングレーザー、エアウィンザーなど豪華な面々と走ることになります。1週前追い切りでは好調が伝えられていますので好勝負を期待したい!!現地で勝利を見届けたいと思います!!

2歳馬近況(ウイン編)

17年産から密かに入会していたウイン。命名された名前を覚えるついでに近況をまとめてみました!


●ウインサンフラワー 牡 (サマーソング17

winsunflower

 

 【クラブ近況】

 

北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。坂路を1本~2本というメニューを消化しています。


担当者は「先々月にトモの外傷を負った以降は良化がスローでしたが、少しずつ状態を取り戻し、歩様のバランスも良くなってきました。走りに対して前向き過ぎる面があり、もう少し乗り手とのコンタクトを取ってゆったりと走れるようになればベストですね。この中間からトラックコースでの調教を開始したことで精神的に少し落ち着きが出てきたのは良い傾向です」と話していました。

 

【感想】

1月下旬に負ったトモの外傷から復調途上といった様子でバランスも表情もイマイチ。乗り込みはすぐに再開したようですが、順調に来ていたタイミングでの頓挫は痛かったですねー。暖かくなってきたのでじっくり乗り込んでもらい鍛えてもらいながら、気持ちをうまく抑えられるようになってくれればと思います。本州に移動する頃にはトモマッチョなウインサンフラワーになって欲しいなぁ。

 

●ウインダークローズ 牡 (ベリーフ17

windarkrose

 

【クラブ近況】


北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。坂路を1本~2本というメニューを消化しています。


担当者は「この中間からはトラックコースでの調教も取り入れています。気持ちが入りやすいタイプですが、トラック調教を始めてからは坂路調教のみの時に比べて、だいぶ走りに我慢が効くようになってきました。スピードのある走りで動きそのものも悪くありませんし、坂路調教では後半の粘りが増してきたのも良い傾向ですね」と話していました。


なお、本馬は410日(水)の北海道産地馬体検査を受検する予定です。

 

【感想】

これまでに「スピードにすぐ乗れる」「トップスピードへの切り替えが早い」「パワーとスピードは一級品でテンの速さは世代一番」といったコメントが見受けられました。販促コメントも含まれているでしょうが、嬉しい内容が多いです。馬体の仕上がりも早そうで410日(水)の北海道産地馬体検査を受検するとのこと。早期デビューが見えてきたかな。ただ「がむしゃらに走っている」「終いがやや甘くなる」といったコメントもあるので、前向きさやスピードを活かしながらも気持ちをコントロールしてくれれば言うことなしです。募集カタログにあるように早めに勝ち上がって、南関移籍して欲しいなあ。

 

●ウインキートス 牝 (イクスキューズ17

winkiitos


【クラブ近況】


北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。普通放牧とウォーキングマシンの運動をこなしながら軽い騎乗運動も消化しています。


担当者は「先月12日(火)のビッグレッドファーム明和での種牡馬展示会でゴールドシップ産駒の代表として調教を披露した後、こちらへ戻ってきました。明和でも『乗りやすくて良い馬です』と評価が高かったようですし、速い時計もマークしていましたからね。先週10日(日)には右トモ飛節の外側に切り傷を負って軽く膿んでいますが、調教を休む程度ではありません。相変わらず元気もありますし、このまま乗り込みを進めていきます」と話していました。

 

【感想】


ただでさえ気難しそうなイクスキューズにゴルシですから、まぁ、暴れ馬かな・・・と思っていますが、ここ2ヶ月はお転婆コメントなし。わりとポジティブな内容になっています。ウイン出資馬3頭の中では適性が見えてこないのがこの仔。まだ緩い馬体をしているので、暖かくなってきてからどこまで鍛えられるか・・・ですね。

と、まぁ三者三様の近況ですね。まずはデビューが早そうなウインダークローズに期待したいと思います。

Author

にんじんサンデー

14年産より一口馬主。2世代目のブラストワンピースで初重賞&初GI(有馬記念)制覇。ゆるーくながーく続けていくために頭数を絞ろうと画策中。

最新コメント
出資馬たち
ノルマンディーOC



2014年生まれ:5歳



牝 キャラメルフレンチ

美浦 伊藤伸一厩舎



牝 ブランメジェール

美浦 高木登厩舎



2016年生まれ:3歳



牝 アイヴィーサ

美浦 国枝栄厩舎



牝 カグラヒメ

栗東 昆貢厩舎



牝 ヴィヴァンフィーユ

栗東 山内研二厩舎



牝 エルズリー

栗東 山内研二厩舎



2017年生まれ:2歳



牡 ゴールドパラディン

栗東 山内研二厩舎厩舎



牡 ジュネスドール

栗東 清水久詞厩舎



牝 コーラルティアラ

美浦 和田勇介厩舎



シルクHC



2015年生まれ:4歳



牡 ブラストワンピース

美浦 大竹正博厩舎



牡 ピボットポイント

栗東 友道康夫厩舎



2016年生まれ:3歳



牝 ヴァルドワーズ

美浦 和田正一郎厩舎



牝 プラムストーン

美浦 久保田貴士厩舎



牝 グランデストラーダ

栗東 友道康夫厩舎



2017年生まれ:2歳



牡 トライフォーリアル

美浦 萩原清厩舎



牝 シャリーアルマリカ

美浦 国枝栄厩舎



ワラウカド



2016年生まれ:3歳



牡 ルヴォルグ

美浦 藤沢和雄厩舎



牡 スカイファルコン

美浦 加藤征弘厩舎



牡 イッツマイウェイ

栗東 西園正都厩舎



牡 マーガレットリバー

栗東 藤岡健一厩舎



ウイン



2017年生まれ:2歳



牡 ウインダークローズ

栗東 梅田智之厩舎



牡 ウインサンフラワー

栗東 飯田雄三厩舎



牝 ウインキートス

美浦 宗像義忠厩舎



DMMバヌーシー



2017年生まれ:2歳



牝 シンハリング

美浦 国枝栄厩舎



ニューワールドレーシング



2016年生まれ:3歳



牝 セラールネイジュ

栗東 武幸四郎厩舎



2017年生まれ:2歳



牡 レアリザトゥール

栗東 矢作芳人厩舎



ニューワールドレーシング

URAKAWAファンド



2017年生まれ:2歳



牝 プレシャライジングの17

栗東 藤岡健一厩舎



牝 ブロードチョイスの17

栗東 矢作芳人厩舎



牡 プレイガールの17

栗東 友道康夫厩舎



引退馬



ラグランドルー(2014年産)



ハリウッドレーヴ(2014年産)



ラピュルテ(2014年産)



ビターレ(2014年産)



ゴレアーダ(2014年産)



スターズインヘヴン(2014年産)



ルベライト(2015年産)



カラドゥラ(2015年産)



ロワセレスト(2015年産)



ペルランドール(2015年産)