シルクとの相性を考える

キャロットとの相性の悪さに気づきだした私はシルク入会を考えるようになる。20171月、15年産募集にはたくさんの残口馬がいた。そんな時代だった。

 

ディープインパクト産駒に出資したい。そんな気持ちから選んだのが友道厩舎に入るピボットポイントだった。このとき比較していたのがグローリーヴェイズだった事を考えると後悔しかないのが正直な気持ちだろう。

 

だが、3月にもう1頭出資する。なんとなーくピボットポイントに不安を覚えていたからだ。この不安が幸運を呼ぶ。その1頭こそがブラストワンピースだった。初年度15年産の2頭はともに勝ち上がり、ブラストはグランプリホースになり、シルク好相性説の原動力となる。

 

2世代目の16年産は3頭に出資。残念ながら1頭は未勝利引退に終わったが、グランデストラーダは3勝クラスまで成長し、ヴァルドワーズも1勝クラス卒業まであと少し。2頭とも安い馬だったので回収率も100%を超えている。

 

17年産は2頭に出資し、1頭が勝ち上がり、もう1頭は調教中の事故で安楽死処分になってしまったが、18年産の2頭がいずれもデビュー勝ちしており、相性は概ね良いと思っている。

 

これまで9頭に出資し7頭が勝ち上がり。回収率100%超えはまだ3頭だが、うち1頭は3000%を超える大当たり。さらにデビュー勝ちが5頭に初めての口取りもシルクの馬とくればもう足を向けては眠れない。

 

今後もお気に入りの1~2頭を出資していくスタイルになりそうだけれども、無理をして実績を積むつもりはないし、欲しくない馬に出資するつもりもないので、マイペースで付き合っていくクラブになると思っている。2019年産のドラフトも佳境。そろそろ絞り込まねば。 

ウインの1歳馬が思ったより良い

 ウイン募集馬のカタログが公開されました。シルク募集の真っ只中ですから、相対的に幼く見える馬が多いのではと想像していました。募集時期を遅らせたことで撮影時期がより暖かい時期だったせいなのか、見栄えがする馬がちらほら。あれあれ、シルクの戦略を変えなきゃいけないかもという位のデキに映る馬も。

 

とりあえずカタログと動画のファーストインプレッションで気になった馬だけ挙げておきます。

 

・ウインオリアート

・ウインプリメーラ

・コスモヴァレンチ

・コスモマーベラス

・バラベルサイユ

・イクスキューズ

・サマーエタニティ

・シェイクラブハート

 

当たりをつけていた馬たちが予想通りかそれ以上のデキに映ったのでファーストインプレッションで残った馬が多いです。1次募集の頭数が例年より少ないと言うことは、昨年並みの申込数でも争奪戦が激しくなることを意味しています。ましてや17年産の活躍もあり新規の方も多いのではと想像しますから、いつだったかのノルマンディーのようにこの馬も抽選なの?という驚きが続きそうだと思っています。

 

シルクまでとはいかないまでも、昨年よりはしっかりと戦略を立てる必要があるだろうな~。

 

と言うわけで、現状シルクで気になる馬は超争奪戦。珠玉の1頭作戦にして、予定していた予算をウインに投入しようかな。

出資馬初の障害馬

出資馬が初めて走ったのは2016年9月のこと。丸4年経とうとしている2020年7月、出資馬が初めて障害レースを走った。
シルク華の15年産世代最高額募集馬にして友道厩舎所属。例えるなら超大物ルーキーとして最高額の契約金で巨人に入団といったところか。デビュー後は巨大戦力に飲まれ1軍と2軍を行ったり来たり。戦力外通告がちらついてきたときに活躍しなんとかユニフォームを着続ける事ができたが、レギュラーとまでは行かなかった。他球団にトレードされ、いきなり活躍を魅せたものの、その後は鳴かず飛ばずでコンバートを余儀なくされた。

障害レースは落馬も多くドキドキしてしまうだろう。きっとブランメジェールが走るなんて言い出したらやめてくれと叫ぶことだろう。けれども彼が障害挑戦を表明したときも、そしてレースに挑んでいるときも、そこまでドキドキしなかった。正直、ピボットポイントの立ち位置はそんなもので思い入れを持てていないのだろう。

それでも障害で覚醒するんじゃないかと思っていたりもする。彼の持つ血が騒ぎ、いつの日か障害王者に君臨するんじゃないかと。そんな期待をどこかでしているって事は、やっぱりピボットには活躍して見返して欲しいという思い入れがあるのだと気づく。

さぁ、次走。いつになるのかな。

17年産勝ち上がり率(途中経過)その2

 3歳未勝利戦もあと1ヶ月。この世代の勝ち上がり率を復習しておきましょう!
17年産
通常出資(1/500口~1/40口)出資馬成績:10頭中7頭勝ち上がり(勝ち上がり率7割)
勝ち上がれる可能性がるのはあと1頭。2頭は引退。
◎回収率100%超え(賞金手当計)
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
勝ち上がり
◎ウインキートス:7戦1勝(ミモザ賞2着)
◎ウインダークローズ×4口:12戦1勝
◎ウインサンフラワー:10戦1勝
トライフォーリアル:3戦1勝 骨折休養後入厩間近
◎コーラルティアラ:7戦1勝
アブレイズヒーロー:3戦1勝 屈腱炎長期療養中
レアリザトゥール:5戦1勝
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
未勝利
ゴールドパラディン:10戦0勝(2着2回)
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
引退
シャリーアルマリカ:未勝利事故死
ジュネスドール:未勝利引退サラオク
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
ファンド出資(1/1333口~1/10000口)出資馬成績:4頭中2頭勝ち上がり(勝ち上がり率5割)
勝ち上がれる可能性がるのはあと1頭。1頭は引退。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
シンハリング:5戦1勝(赤松賞2着)
プレシャスガール:4戦1勝
ビジョ:2戦0勝
ラザビー:未勝利引退サラオク
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
全出資馬:14頭中9頭勝ち上がり。(勝ち上がり率64%)

ホントに出資馬たちは頑張ってくれていて、収支もかなり助かっています。可能性が残る2頭も前走掲示板なのでチャンスありだと思っています。本当に頑張って欲しいです!

シルクで気になる馬

シルク19年産の申込みも佳境。実績なんかハナクソ程度の自分にとって、シルクは欲しい馬に突撃するのみ。外れたらハイ、それまでよ。

 

とは言え、マジで0頭だと退会まっしぐらなので、欲しい馬の中から一番取れる可能性が高い馬に抽優制度を行使するつもりだ。ただ欲しい馬の中に、どうしてもどうしても欲しい馬がいたら、例え大抽選会でも突撃するかもしれない。写真と動画ではかなり絞れてきたので、あとは血統と厩舎別のレース選択や騎手起用の傾向を探ろうと思う。

 

ちなみにこの中から1頭、多くても2頭を申し込む予定だ。

 

・イスパニダ

・リアアントニア

・テルアケリー

・ピラミマ

・ツルマルワンピース

・ルールブリタニア

・シャトーブランシュ

・ランニングボブキャッツ

 

以上!全部人気しそうだから、ホントに0頭かも(笑) 
最新コメント
出資馬たち
ノルマンディーOC



2014年生まれ:6歳



牝 ブランメジェール

美浦 高木登厩舎



2016年生まれ:4歳



牝 アイヴィーサ

美浦 石毛善彦



牝 カグラヒメ

栗東 昆貢厩舎



牝 ヴィヴァンフィーユ

船橋 山中尊徳厩舎



牝 エルズリー

栗東 吉岡辰弥厩舎



2017年生まれ:3歳



牡 ゴールドパラディン

栗東 吉岡辰弥厩舎



牡 アブレイズヒーロー

栗東 渡辺薫彦厩舎



牝 コーラルティアラ

美浦 和田勇介厩舎



2018年生まれ:2歳



牡 ソニックムーヴ

美浦 宮田敬介厩舎



シルクHC



2015年生まれ:5歳



牡 ブラストワンピース

美浦 大竹正博厩舎



牡 ピボットポイント

栗東 松下武士厩舎



2016年生まれ:4歳



牝 ヴァルドワーズ

美浦 和田正一郎厩舎



牝 グランデストラーダ

栗東 上村洋行厩舎



2017年生まれ:3歳



牡 トライフォーリアル

美浦 萩原清厩舎



2018年生まれ:2歳



牡 ノックオンウッド

美浦 堀宣行厩舎



牝 クールキャット

美浦 奥村武厩舎



ワラウカド



2016年生まれ:4歳



牡 ルヴォルグ

美浦 藤沢和雄厩舎



2018年生まれ:2歳



牡 ヴィアルークス

栗東 藤原英昭厩舎



ウイン



2017年生まれ:3歳



牡 ウインダークローズ

栗東 梅田智之厩舎



牡 ウインサンフラワー

栗東 飯田雄三厩舎



牝 ウインキートス

美浦 宗像義忠厩舎



2018年生まれ:2歳



牝 ウインルーア

美浦 青木孝文厩舎



牝 ウインスーリール

栗東 西園正都厩舎



ロード



2018年生まれ:2歳



牡 ロードギガース

栗東 杉山晴紀厩舎




DMMバヌーシー



2017年生まれ:3歳



牝 シンハリング

美浦 国枝栄厩舎



京都サラブレッドクラブ



2017年生まれ:3歳



牡 レアリザトゥール

美浦 小手川準厩舎



URAKAWAファンド



2017年生まれ:3歳



牝 プレシャスガール

栗東 藤岡健一厩舎



牝 ビジョ

美浦 小手川準厩舎



引退馬



ラグランドルー(2014年産)



ハリウッドレーヴ(2014年産)



ラピュルテ(2014年産)



ビターレ(2014年産)



キャラメルフレンチ(2014年産)★



ゴレアーダ(2014年産)



スターズインヘヴン(2014年産)



ルベライト(2015年産)



カラドゥラ(2015年産)



ロワセレスト(2015年産)



ペルランドール(2015年産)



スカイファルコン(2016年産)



イッツマイウェイ(2016年産)



プラムストーン(2016年産)



セラールネイジュ(2016年産)



マーガレットリバー(2016年産)



ラザビー(2017年産)



ジュネスドール(2017年産)



シャリーアルマリカ(2017年産)